動画セミナー

新型ノーズピースの特徴と使用法

講師:大原 信行先生(大原ファミリークリニック)

経鼻内視鏡検査の際には、術者の注意がモニターに集中するあまり被検者への注意が散漫になる結果、被検者がスコープとの接触による外鼻孔の痛みや不快感を感じてしまうことがある。このスコープとの接触から外鼻孔を保護する目的として開発されたのが、「ノーズピース」である。本セミナーはまず、新型ノーズピースの開発目的、構造を解説し、その使用法、使用時の注意点を解説したものである。開発に関わった講師自らが、検査中に外れてしまわないための注意点、鼻腔の狭い下鼻ルートからの挿入時の応用的な使用法などを具体的に解説しており、経鼻内視鏡施行医にはぜひご覧頂きたいセミナーである。(ドリームスコープ メディカルWEBセミナーより